見出し画像

作ることが目的じゃない。出口を見据えたデザイン設計とは。

おはようございます。
相模原市シティプロモーション公式SNSの中の人です。

明日はクリスマスイブ&「アイドルマスター ミリオンライブ!」のアニメ放送最終回。#相模原ミリオンコラボ については、コラボの発表を去年の12月16日に出していることから、相模原がミリオンライブ!と関わりだしてちょうど1年という節目だと感じています。

明日の放送は、全国のプロデューサーさんたちとともにテレビの前で見守りたいと思います。プロデューサーさん、一年間ありがとう。これからもよろしくね。


なぜこのタイミングで公開?

今回の記事の本題はこちら。

すごく想いを込めて制作したノベルティキットなので、前編だけで7,000文字を超えてしまい、後半に持ち越しになったこのnoteの後編の執筆。

早く執筆して公開するに越したことはないのですが、別の取材記事執筆などで立て込みどんどん後ろ倒しに…そのような中、

SNS投稿で当たるプレゼントキャンペーンの応募締切が12月27日に迫る状況になり、これは本当に急がないとと思い執筆にとりかかった次第です。

「そもそも」をおさらい

以下、(前編)の記事を簡単におさらいします。すでにご覧になった方は目次の「★ここから本題。(前編の続き)」からご覧ください。

「さがみはらチアリングパートナー」って?

「私が好きな相模原の魅力を伝えたい」「多くの方に知ってほしい」そんな想いを自分らしい表現方法で発信してくださる方のこと。個人の方はもちろん、企業や団体、キャラクターなど、対象に制限はありません。

ノベルティキットは誰がもらえるの?

上記のようにすでに発信してくれている方はもちろん、「これから発信する!」という気持ちがある方にも郵送か手渡しで無料でお渡ししています。
受取方法はこちらをご覧ください。

どんな見た目?

こんなパッケージで

開けるとこんな感じです。

★ここから本題。(前編の続き)

中身を取り出すとこんな感じです。

証(あかし)カード

マットな質感で高級感を出し、長く持っていただけるよう紙を厚くしています。右上にロット番号を入れているのですが、実は「Lot 001」は初版限定。増刷する時には「Lot 002」にします。
その時、いわゆる古参の方々が「私はLot 001で、」と話したくなるようなものにしたいという想いを込めました。
ロット番号に価値が高まるのは、その番号が進んでいった時。自分にプレッシャーを掛けたくはないのですが、価値を高められるよう長く続く意味のある取組にしなければ、という企画担当としての決意を込めた仕掛けです。

いつでももらえると思うと、いつでもいいやってなって結局そのままになること、ありませんか。私はあります。じゃあ、せっかくなら早くほしいなと自然に思ってもらえる工夫ってできないかなと思い、出した答えは、リリースキャンペーンとしてのプレゼント企画と、このロット番号でした。

ステッカー(防水)
カードとステッカー、どちらもポイントカードと同じサイズにしています。サイズを考えるときにプロデューサーの顔が浮かび、名刺サイズにしようと思ったのですが、名刺サイズってお財布に入らないんですよね。
自分も泣く泣くお財布に入れられなかった経験が何度かありまして。ポイントカードと同じサイズにすれば、お財布にも名刺ケースにも入れてもらえると思い、このサイズを選択しました。このサイズのカードは幅広く流通しているので、お手持ちのカードのスリーブとしても、このステッカーを使っていただけるではと思います。

むすびステッカー(防水)

さがみんを大きくデザインしたこちらのステッカー。実は、お渡しする「あなた」が使うことをメインに想定したものではありません。「あなた」の身近な方やご友人に、「あなた」の「さがみはらチアリングパートナー」の活動のひとつとして相模原の魅力を広めていただきたくて作ったものになります。なので、2人用ということで、これだけは2枚入れています。

こういったノベルティって、作ることが目的で、配り切ることが最終ゴールだったりします。私は、相模原市のシティプロモーションにおいては、それは違うと思うし、そうであってほしくないと思うのです。常に「本当の目的が何か」を突き詰め、それを追求することが大切だと思っています。
だからこそ、SNSハッシュタグ企画や「むすびステッカー」を通して「さがみはらチアリングパートナー」の輪を広げ続け、その過程で相模原の魅力がより多くの方々に深く届くことを軸に考えました。

裏返してみる

中身を全部裏返すとこのように色々書いてあります。実はここにもポイントがありまして。

証(あかし)カード、カード型ステッカーには、それぞれが何であるかの説明を記載。

専用ケースにセットしていますが、いずれはカード、ステッカーをバラバラに保存したり使用することになったりすると思います。そのときに、「これなんだったんだっけ」とならないよう記載しました。

「氏名」と書かず「さがみはらチアリングパートナーネーム」と書いたのは、特にSNSで相模原を見てくれている方々は、ご自身の氏名もハンドルネームもどちらも大切にされていると思っているから。思い思いのお名前を書いてもらえるようこのように記載しました。

「むすびステッカー」の裏面には、サイトを見た方が、サイトを通して「さがみはらチアリングパートナー」のお申し出をしてくれたら、と思い相模原市シティプロモーションサイト「さがみはらむすび」のことを大きく記載しました。

むすびステッカーを身近な方にお渡ししてくれる方がどんな会話をしながら渡すかな、ということをイメージすると

「最近[Alexandros]が相模原市のスペシャルアンバサダーになって、特設サイトのトップページに大きく載ってるんだよ」
「相模原市のゆるキャラのステッカーあげる。これ、以前○○とコラボしてた相模原市の新しいサイトだって~」

こんな感じだと思いました。渡すときの会話で「さがみはらチアリングパートナー」について深く語る方ってあまりいないと思いまして。きっと聞き手のハードルを下げるような会話を展開されると思うので、このステッカーの裏面に色々書きすぎてその邪魔をしないようにと考えました。

大判ステッカーの存在

希望する企業や団体などには、掲出用の大判ステッカー(防水・A5サイズ)もお渡ししています。

下が大判ステッカー

この大きさ、以前相模原市が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策にご協力いただいている市内事業者と市民の皆さんへの感謝と、経済の活性化に向けて実施した「さがみはらサンキューキャンペーン」の店舗掲出用ステッカーと同じサイズ。

当時この事業の広報担当もしており、このサイズが大き過ぎず小さすぎず好評だったので同じサイズにしました。また、もし以前のステッカーを貼ったままの事業者さんがいたら貼り替えてもらう機会にもなるかなと思いました。

あえて、そんなに主張しないデザインとトーンにしているので、お店の雰囲気を邪魔しない範囲で、お店の魅力発信も兼ねて活用いただけたらと考えています。

プレゼント企画終了間近

詳細はこちら

冒頭で紹介したプレゼント企画、こちら応募締切間近です。

【重要】当選者の方にはご希望の賞品を参考にお聞きするので、特にほしい賞品を狙えます。

目玉賞品はこちら。

メンバーの皆さんから、今回のためにサインをいただきます。
メンバー全員のサインが入った色紙はデザインもお楽しみにです。

プロデューサー以外は「なぜ突然木製名刺を作れる権利を賞品にしたんだ…」と思うかもしれませんが、人によって価値の感じ方が異なると思っているので、伝わる方に届いたらうれしく思います。

ちなみに、賞品にするにあたり相模原市Pは担当部署の森林政策課と、製造するMORIMOさんに #相模原ミリオンコラボ とプロデューサーの皆さんのことをかなり語りました。MORIMOさんもわくわくしていました。

その他、えりすぐりの賞品ラインナップなので、ぜひ締切まで何度でも投稿で参加してもらえたらと思います。

最後に

ということで、何とか応募締切前に書き上げることができました。前編を読んでいない方はこちらもよろしくお願いします。

次は、相模原市シティプロモーションサイト「さがみはらむすび」のこだわりを早急に書き上げなくてはと思っています。

明日はクリスマスイブ。明後日はクリスマス。皆さん素敵な週末をお過ごしください。

メリークリスマス

相模大野ステーションピアノ(12/25まで)



この記事が参加している募集

#広報の仕事

3,451件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!